働き方を一気に改革

複数の男女

省力化に大きく貢献

ホワイトカラーの業務改善に効果的な手段として、いまRPAが大きな注目を集めています。RPAとはロボット・プロセス・オートメーションの略で、従来は人手で行っていた事務作業を、機械に任せることを意味します。現在ではAIの発達により、単純労働だけでなく、かなり複雑な事務までオートメーション化できるようになっています。RPAを導入することで、人件費を大幅に削減できるだけでなく、ケアレスミスなど単純な失敗をなくすことが可能です。人間は人間にしかできない仕事をするという意味で、働き方改革の本旨にも合致していると言えるでしょう。ロボットには得意な作業もあれば苦手な作業もあります。RPAを導入するにあたっては、まず何を自動化するのか洗い出すことが必要です。そのためには詳細な業務フローを作成し、人間の判断が必要な部分を明確にしなければなりません。定期的なルーティンワークはRPAに向いていますが、業務の頻度が少なければ人手に任せたほうが低コストになる可能性もあります。コストとメリットを比較して導入の可否を検討することも大切です。実際のロボット開発は自社で行うケースと、外注に依頼するケースがあります。自社開発は細かい仕様を設定でき、トラブルにも迅速な対応が可能ですが、相当額の投資を必要とします。外注はコスト面で有利なので、中小企業でも比較的簡単に導入できます。サポート体制の整ったベンダーなら、手厚い開発支援を受けられるでしょう。