働き方に変化を起こす

study aboard

人間の負担を減らし、業務を効率化する

RPAとは、ロボットが行う業務自動化のことで、ロボティック・プロセス・オートメーションの頭文字を取った略語です。人間が携わっていた単純な事務的作業をロボットが代行して行うシステムとなっており、RPAを導入することによって作業の効率化やコスト・人件費の削減に繋がるものとして注目を集めています。働き方改革や人手不足などで懸念される過剰労働や人為的ミス、業務の停滞などに対応するシステムとして、エクセルやデータの収集を主流に導入する企業も増えつつある、期待される働き方の一つです。RPAの導入によって得られるメリットには、定型化された作業が自動的に行われることによって商品開発などの、人間が得意とする分野に集中することができるという点があります。また、事務作業にとらわれないので他の業務とバランス良く連携することができるため、会社内の業務の効率化も可能です。さらに、人間は単純作業が続くとどうしてもうっかりミスが発生することがありますが、RPAはミスをすることもなく24時間働き続けることができるので、人為的ミスを起こすことなく業務を遂行してくれます。結果的には効率の良い業務の流れになり、働く側の人間の負担も軽減することが可能で、常に高品質なサービスを提供することができるようになります。このように、人口減少や労働者不足を補うシステムとして、RPAは様々な企業が導入をして成果を得た事例も多数報告されています。